forとwhileでのループ処理

ループについて

何か処理があって繰り返し行わないといけないとき、いちいち下のように書いてたら面倒ですよね。

コード

i = 1
print(i)
i = 2
print(i)
i = 3
print(i)

結果

1
2
3

これだとコードが長くなるし、そもそも書くのがめんどくさいですよね。こういう同じ処理をするときはfor文やwhile文を使います。

実際に使ってみたのが次のコードです。

コード

for i in range(1,4):
    print(i)

結果は同じになります。

for 変数 in range():

処理すること

この形でループの処理をすることができます。

if文と同じでインデントが必要なことに注意してください。

また、range()のところで繰り返したい回数の設定ができます。

かっこには(開始する数、終了する数+1)という風に指定します。

開始する数は省略可能で省略した場合、自動的に0から始まります。

また繰り返す回数が決まってない場合は、while文を使います。

while 条件式:

処理すること

の形で使うことができます。

実際に使ってみましょう。

コード

i = 0
while i < 3:
    print(i)
    i = i + 1

結果

0
1
2

まずiに0を代入します。そしてiが3より小さいならiを表示して、iを1増加させたものをiに代入します。これを繰り返して、iが3になったら処理が終わります。

こんな感じで、while文の方は条件式でループをさせることができます。